根郷地区民生委員児童委員

根郷地区の民生委員児童委員の活動を紹介します。

民生委員・児童委員のマーク

幸せのシンボルである四つ葉のクローバーの中に、民生委員の「み」の文字と児童委員を示す双葉を組み合わせ、平和のシンボルのをかたどって、愛情と奉仕を表す。

民生委員・児童委員とは?

民生委員・児童委員は住民の最も身近な相談・支援のボランティアです

民生委員・児童委員は、民生委員法・児童福祉法に基づき、厚生労働大臣から委嘱された非常勤の地方公務員です。社会福祉の増進のために、地域住民の立場から生活や福祉全般に関する相談・援助活動を行っており、任期は3年です(再任が可)。
民生委員・児童委員の制度はその源と言われる済世顧問制度(大正6年、岡山県で発足)から100年近い長い歴史を持つ制度であり、福祉に熱意のある住民が地域から推薦され、地域の一員として、地域に根ざした福祉活動を展開。地域住民の身近な相談相手となり、支援を必要とする住民と行政や専門機関を繋ぐパイプ役を務めています。
『社会福祉の精神をもって、誰もが安心して暮らせる地域社会づくり』を目指しています。

どのようにして選ばれるの?

民生委員・児童委員は、市町村に設置された民生委員推薦会によりその選考が行われ、都道府県知事に推薦されます。
推薦会は、市町村議会議員、民生委員・児童委員、社会福祉や教育関係者、行政機関職員等がそのメンバーとなります。
都道府県知事は選ばれた人びとについて都道府県に設置された地方社会福祉審議会に意見を聴いたのちに、厚生労働大臣に推薦し、厚生労働大臣が委嘱します。

組織は?

生委員・児童委員の全員が、市町村の小地域ごとに設置された民生委員・児童委員協議会に参加しています。( 佐倉市には8地区の民児協があります。)
その数は全国で約10,893か所あります。各協議会には、互選によって選ばれた代表者がいて、毎月1回定例会議を開いています。地域の福祉問題の分析や担当している世帯への援助方法の検討などを行い、日頃の活動を推進するうえで大切な場となっています。

担当する地域があるの?

委員一人ひとりに担当する区域が定められています。佐倉市(人口10万人以上の市)では170~360世帯ごとに1人を基準に配置されます。
どの地区にも、必ず担当の決まった民生委員・児童委員がおり、佐倉市には現在204人(定数209人)の民生委員・児童委員がいます。全国で約23万人の民生委員・児童委員が日本全国のすべての地域で日々活動しています。

どんな活動をしているの?

民生委員・児童委員の活動の基本は7つのはたらきにあります

  1. 地域の把握 (地域のアンテナ的な役割 )
  2. 担当区域内の住民の実態や福祉需要を日常的に把握します。

  3. 相談 (地域における世話役 )
  4. 地域住民が抱える問題について、相手の立場に立ち、親身になって相談にのります。

  5. 情報提供 (告知板的な役割 )
  6. 社会福祉の制度やサービスについて、その内容や情報を住民に的確に提供します。

  7. 連絡通報 (住民と関係機関とのパイプ役 )
  8. 住民が、個々の福祉需要に応じた福祉サービスが得られるよう関係行政機関、施設・団体等に連絡し必要な対応を促すパイプの役割をつとめます。

  9. 調整 (潤滑油的な役割 )
  10. 住民の福祉需要に対応し、適切なサービスの提供が図られるように支援します。

  11. 生活支援 (支援的な役割 )
  12. 住民の求める生活支援活動を自ら行い、支援体制を作って行きます。

  13. 意見具申 (代弁的な役割 )
  14. 活動を通じて得た問題点や改善策についてとりまとめ、必要に応じて民児協をとおして関係機関などに意見を提供します。

根郷地区の取り組みについて → ここをクリック

根郷地区の活動について → ここをクリック

高齢者の状況把握と見守り活動について → ここをクリック

民生委員、児童委員についてより詳しいことを知りたいときはこちら → 

根郷地区民児協だより

★ やまゆり36号

★ やまゆり35号

★ やまゆり34号

★ やまゆり33号

★ やまゆり32号

★ やまゆり31号

★ やまゆり30号

★ やまゆり29号

★ やまゆり28号

★ やまゆり27号

★ やまゆり26号

★ やまゆり25号

▲前のページに戻る